まわりを飽きさせない結婚式スピーチのコツ

冠婚葬祭の儀式のうち、お葬式と並んでマナーが複雑で難しいのが結婚式です。特に、結婚式のスピーチはマナーがいろいろと厳しく、たとえ友人であっても言ってはいけない言葉が決められています。したがって、おめでたい席だからと一方的には目をはずし、ルールを無視したスピーチを披露すると会場の空気が一気に崩れてしまいますし、友人との信頼関係も失われてしまいます。

スピーチでは内容ももちろん大切ですが、長さにも気を遣う必要があります。極端に長すぎるスピーチは聴衆を飽きさせてしまいますし、だからといって短すぎてもおざなりな印象を与えてしまい、良いイメージにはつながりません。スピーチの上手な人はそのあたりの呼吸を充分にわきまえており、絶妙な間合いで聴衆の心をつかむスピーチのコツを知り抜いています。スピーチの名人の間合いをマネるだけでも人前で話す、ということの基本が身につき、規模の大きい結婚式でも緊張せずにスピーチを披露することができます。

また、服装も結婚式のスピーチでは大切です。結婚式はフォーマルな儀式のため、かしこまった服装で出席するのが基本マナーとなりますが、どの程度までのフォーマルさが求められるのか、というレベルについては結婚式の規模やコンセプトによっても違いがあり、場合によっては略式の礼服でも失礼にあたらないこともあります。

このサイトでは結婚式スピーチの基本マナーについて幅広く解説していきますので、ぜひとも参考になさってください。

おすすめリンク

意外と難しい結婚式のスピーチ

結婚式スピーチが得意だという人は少数派ではないでしょうか。結婚式のスピーチで飽きさせないエピソードを披露することで会場の空気を盛り上げることができますし、友人にもお祝いの気持ちを伝えることができます。結婚式スピーチでまわりを飽きさせないポイントについてまとめました。

結婚式スピーチで注意したい言葉遣い

冠婚葬祭のフォーマルな儀式では特にボキャブラリーに気を遣うことが求められます。友人の結婚式でのスピーチでは油断しがちですが、結婚式であることに変わりはありません。友人にお祝いの気持ちをきちんと伝えるためにも、結婚式スピーチでふさわしくないボキャブラリーについて具体的に見ていきましょう。

結婚式のスピーチを上達させるポイント

結婚式のスピーチは無難にこなす、というパターンもありますが、一生のうちに何度もないチャンスですからやはり、少しでも上達してインパクトを残したいものです。スピーチに慣れていないビギナーでも大人数の前でそつなくスピーチを披露することができる基本的なコツ、応用テクニックについてゼロから見ていきましょう。